きもの屋小町

きもの屋小町

ALACARTEきものアラカルト

名古屋帯の長さ

袋帯が正式なら、名古屋帯は略式と言えるでしょうか。
名古屋帯は袋帯よりも簡単に着付けできるように考案されたいわば「便利帯」です。生地の素材・染や織の種類・色や柄などで使い分けることができます。
普段着としてのカジュアルなものだけでなく、多少改まったフォーマルシーンにも締めることができる、とても便利な帯といえます。
もともと袋帯を簡略化したものなので、正装(儀式用)には向きません。

名古屋帯には柄の付け方におよそ3種類のタイプがあります。
帯全体に柄がちりばめられた「全通」(柄が全体に通っている)の通し柄。
「六通」(柄が全体の6割ほどに通っている)の通し柄。
「お太鼓柄」(柄が後ろのお太鼓部分と前の前太鼓部分のみに配置されている)があります。
長さはだいたい3m40cm~3m80cmくらいで袋帯に比べると短めにできています。尺で言い換えると9尺から1丈の寸法が標準です。
帯巾は29cm~31cm位(8寸前後)で袋帯と差はありません。
サイズ的な目安の寸法は・・・ 長さ3m60cm 帯巾30cm です。

一覧へ戻る